ネット買取のデメリット

意外と手間がかかる場合も

不要になったブランド品を処分する際には買取業者を利用するのが一般的です。買取業者には様々な種類がありますが、その中でも最近増えてきているのがネットを利用した買取業者です。わざわざお店まで行かなくても利用することが出来るので人気がありますが、デメリットもあるので注意が必要です。

ネットを利用したブランド買取のデメリットの一つが意外と手間がかかる場合も少なくないことです。お店に持ち込むのとは違い、ネット買取の場合や査定依頼やお店までの発送手続きなど全て自分で行う必要があります。特に発送はブランド品の場合には破損等を注意する必要があります。また、入金されるまでに時間がかかるためすぐにお金が必要という場合には不向きです。

査定額が希望通りにならない場合も

ブランド品を買取依頼する際に一番気にかかるのは査定金額です。どうせ処分するなら出来るだけ高値で処分したいところですが、そんな査定額について最近流行りのネット買取の場合には問題が発生する場合があります。

ブランド品のネット買取は手軽さもあって人気となっていますが、査定額が希望通りにならない可能性があるので注意が必要です。ネット買取では商品の画像や状態などから簡単に査定も行うことが出来ますが、実際に買取してもらう際にはその査定額を下回ることも少なくありません。これは、画像だけでは判断出来ない傷や汚れなどが買取価格に影響する場合があるためです。また、ネット買取の場合には直接顔を合わせて交渉することも出来ないため、査定額に不満を覚えるケースも珍しくないのです。